HOMEKITTEN ≫ 仔猫を迎える準備



まず、猫にとって必要なものを揃えてあげましょう。
一緒に暮らしていくにあたり、メンテナンスし易い物が長持ちしますし、重宝します。

猫トイレ
まず猫トイレは完全室内飼いをお願いしているので必需品です。
メインクーンは猫種の中で1番の大型種です。小さなタイプのトイレは体からはみだしてしまいます。ホームセンターなどで売っている中でも1番大きいものを選ぶと、成長した後でも猫トイレを変更することなく使用ができます。 個体差により難易度はマチマチになりますが、猫トイレを替えるのはとても大変だと思います。
難しいパターンの場合、猫はいつも使い慣れているトイレをある日突然変えられることに大きなストレスを感じています。 そんなストレスからトイレ以外で排泄されたら折角トイレを新しくしても意味がありません。トイレの変更は時間を掛けてゆっくりと段階を重ねて行って下さい。
我が家の猫トイレは、花王の「にゃんとも清潔トイレ」を使用しています。システムトイレでも問題なくトイレしてくれます。
仔猫譲渡時には、花王さんからモニターとしていただく、仔猫用の「にゃんとも清潔トイレ」(市販のものより小さいサイズ)をお渡しさせていただいてます♪
ごはん
仔猫を迎え入れた時、仔猫はまだ生後3ヶ月過ぎです。
我が家では仔猫たちのごはんは「ロイヤルカナン・ベビーキャット」からカリカリを食べ始め、お渡しするときには「ロイヤルカナン・キツンフード」をあげています。
オーナー様には「ロイヤルカナン・キツンフード」をご用意いただけますよう、お願いいたします。
またその時のリッターによってフードの嗜好が違う場合があります。その都度、オーナー様にはお話していきます。
※譲渡時、既に1歳を超えていた場合は「ロイヤルカナン・メインクーン用」あるいは「ロイヤルカナン・センシブル」を与えて下さい。

ご飯の切り替えは時間を掛けて徐々に行います。最低でも2週間、ゆっくりと時間をかけ、1ヶ月程度をみて下さい。
早く切り替えようとすれば猫は必ずと言っていい程、下痢をおこします。こうなった場合、長毛のメインクーンは毛が汚れて大変なことになります。 そのまま部屋を歩き回っていたら、もっと大変っ!
食器
ご飯を入れる器、お水を入れる器。売られている物はとても可愛くて迷ってしまいます。
メインクーンの特徴としてお水遊びが大好きな子が多いです。多聞に洩れることなく我が家もお水遊びが大好きです。床に置くタイプの可愛い食器を購入しても床が水浸しになってしまいますので注意して下さい。
とりあえず言えるのはどこかへひっかけるタイプの水飲みが良いでしょうね。
ちなみにハムスター君たちが飲むような水飲み機がありますが、これは我が家の子達には期待しないで下さい。きっと飲みません。(親猫達が飲まなかったので。。。)
グルーミングをするコームやブラシ
こちらも長毛さんと暮らす上では必須アイテムです。何と言っても換毛期には、暇があればクシで梳かしてあげる位です。
そして大きな猫種ですので大きめのクシを使用していますが仔猫時代は小さなクシで十分です。 大きく成長してくると小さなコームから大きい方へ切り替えていただけるのがベストです。
いろんなタイプのコーム 我が家のクシはこちらを使用
キャリーバッグ
猫との屋外移動は必ずキャリーバッグに猫を入れて行って下さい。まず、動物病院に行く時などはキャリーバッグに入れないといけません。(常識を疑われてしまう程のことなので、必ず守って下さい。)
車の運転時などに猫を車内に放しておくことは危険ですのでお止め下さい。車が苦手な猫の場合は、助手席に乗っている人が抱っこしてあげて下さい。
(Update 2013/09/22)