HOME ≫ TICAのタイトルについて

各リングのABとSPって何のこと?

ABとは「All Breed / オールブリード」の意味で全猫種を指します。
そしてSPとは「Specialty / スペシャリティ」を指します。

Q. 「All Breed / オールブリード」ってなぁに? ≪Answer.≫
長毛さんも短毛さんも全部合わせて評価することで全猫種でっていうリングです。
ロシアンさんもペルシャさんもアビシニアンもメインクーンも!
ファイナルで選出される10頭は長毛・短毛の区別なく選出されるということです。
Q. じゃぁ、「Specialty / スペシャリティ」ってなぁに? ≪Answer.≫
ロシアンさんとアビちゃんは短毛種。ペルシャとメインクーンは長毛種。
このように毛の長さによって、「Shorthair」「Longhair」を分けていますよね。
短毛種だけで評価。長毛種だけで評価。 と、2種に分けて評価をするリングです。
ファイナルで選出されるのは短毛種10頭、長毛種10頭というように計20頭となります。
(ファイナルは別々で開催されます。)

TICA タイトルについて

2004年5月からタイトルのPointと条件が変更になりました。
各タイトルに対して必要なPointと条件は下記の表になります。

Championシップ Point 条件
CH
(チャンピオン)
3004人の異なるジャッジから得点を得ること。
Final入賞1回。
GRC
(グランド・チャンピオン)
1,0004人の異なるジャッジからFinal入賞6回。
うち3回はAB10位またはSP5位。
DGC
(ダブル・グランド・チャンピオン)
2,000GRCの資格を持ち、Final入賞1回。
AB10位またはSP5位。
TGC
(トリプル・グランド・チャンピオン)
3,000DGCの資格を持ち、Final入賞1回。
AB10位またはSP5位。
QGC
(クォード・グランド・チャンピオン)
4,000TGCの資格を持ち、Final入賞1回。
AB10位またはSP5位。
SGC
(スープリーム・グランド・チャンピオン)
6,000QGCの資格を持ち、FinalにてBEST CATとなること。
TICA最高タイトル。

Finalの得点一覧表

キャットショーでファイナル・インしたらまずやること。
それはモチロン、タイトル申請ですよね!
ルール改正によりファイナルに入らないと「CH」になれません。
当たり前のことながらTICAにタイトル申請しなければ「CH」にはなりません。
ただ言ってるだけにならないように、せっかくファイナル・インできたのならタイトル申請いたしましょうっ!
そしてファイナルに入ったリング、順位によって付与されるPointが違います。
Point一覧は以下の表を参照して下さいねっ♪

All Breed(オール・ブリード):全猫種
順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
Point200190180170160150140130120110
Specialty(スペシャリティ):長毛種/短毛種
順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
Point15014013012011010090807060

AwardPointでは上記Pointにそのリングで勝った頭数分が加算されます。
リングで全50頭の出陳があったとして見事にファイナル・イン! そしてAll Breedで5位を貰いました。
この時、タイトル申請では「160」となりAwardPointとしては44頭+160Point=「204」となります。

申請先と申請方法

FAXでタイトル申請してもOKです。もちろん、郵送でも良いのですがみんなタイトル申請をしても次の週末にはまたショーです。FAXで申請してしまう方が楽ですよね。 現在、TICAではオンラインでも申請ができるようになりましたが、クレジットカード番号をオンラインで送信することはセキュリティ上、非常によくありません。
となると、結局はFAXでクレジットカード番号を送信しますので、まとめてFAXで申請した方が楽かなっということです。。

申請先
TICA :010-1-956-428-8047
申請料金
CH〜QGCまで5ドル
SGCは10ドル
(Update 2008.06.15)